質屋とは?

知って得する☆質屋の買取事情

質屋とは

質屋を「リサイクルショップとおなじもの」思っている方は多く、若年層ほどその傾向が強いようですが、それはちょっとした勘違いです。

というよりは、リサイクルショップは、質屋の業務の一部なのです。

業務の一部というのは、「中古の商品を買い取って、販売する」というもので、ジャンル分けすれば「古物商」です。

許可申請は管轄の公安委員会で、比較的簡単に、その許可を得ることができます。

しかし、リサイクルショップの場合は、この「古物商」の枠を超えて営業活動を行う事ができません。

あくまでも、「中古品の買取販売」のみがその業務内容です。

質屋は、その古物商を含めた「金融業」なのです。

商業的には「質屋商」となります。

持ち込まれた品物を査定し、それに見合った金額を融資する、という700年以上も続く最も古い公的金融機関です。

そのシステムは、古くから続く伝統的なもので、持ち込まれたものを査定し、その査定額の範囲で融資をします。

利用者は、そのお金を返しても返さなくてもいいので、自分の都合で返済が難しければ、預けた品物と共に、忘れればいいだけの事です。
※質屋についてはこちらの情報サイトもお勧めです→「質屋の良い悪いとは?」(URL/http://www.paraguasbooks.com/)

< お役だち情報サイト >
一般社団法人 日本時計輸入協会